公認会計士の資格取得が超難関と言われていますが取得をするにはどうすれば良いのか

公認会計士を目指しているという人たちは、あなたの周りにもたくさんいるかもしれませんね。しかし、そんな人たちの中から実際に公認会計士になることができる人間というのは、ほんの一握りなのかもしれません。諦めなければいつかは合格することができるのかもしれませんが、多くの人たちは途中で挫折してしまうことになります。

公認会計士の資格取得が超難関と言われていますが取得をするにはどうすれば良いのか

今まで頑張ってきたんだから、ここで諦めては勿体ない。なんて思ったりはするのですが、他にやりたいことができたりすると仕方ないのかもしれませんね。そんな公認会計士の試験が超難関試験だなんて言われていますが本当にそうなのでしょうか?

レファレンス★公認会計士の専門学校・予備校CPAで公認会計士試験に合格! https://cpa-net.jp/

■過去と比べたら
確かに、過去にはかなりの倍率を誇っていたと言われる公認会計士試験ですが、最近では比較的合格率も上がってきたなんて言われています。その理由としては公認会計士が社会的にどんどん必要とされる状況になっており、絶対数が不足しているからだと考えることができるでしょう。

しかし、数が少ないからといって頼りない人でも合格させてくれるような甘い仕組みには決してなってはいません。何年間も試験に挑み続けているという人たちだって、まだまだ多いのが現状なのです。会社の監査を責任を持って行うという職業なのですから、これは当然のことだといえるかもしれませんね。

■変わりつつある試験制度
過去の試験制度とは変わりつつもある公認会計士試験ですので、あまりに古い情報を鵜呑みにすると後で恥を掻くかもしれません。どうせ調べるのならば最新の情報をしっかりと入手して、万全の状態で試験に備えることにしましょう。あまりにも過去の問題ばかりを解いて、分かった気になってたら痛い目をみることになってしまいますよ。

◆公認会計士は生半可な気持ちでは挑めないということを忘れてはいけない

日本では三大国家資格というものが存在しており、医師、弁護士、公認会計士と言われています。その3つの中では公認会計士が一番マイナー気味だと思われるので、他2つと比べるとまだ簡単なのかな?なんていう勘違いもしてしまいがちですよね。しかし、よく考えてみて下さい。医者になろうという人はそれこそ小学生あたりの頃から英才教育を施されていますし、大学だって医大に行くことでしょう。

幼いときから将来は医者になると言われて育ってきたり、親が医者だから後を継ぐ等で準備は万端な人たちです。弁護士にしても大学を卒業してから、ロースクールに通って、何年も掛けて司法試験に挑み続けるというほどの難関さです。そのような2つと並んで数えられる公認会計士が簡単なものであるはずはありませよね?目指すからにはそれ相応の覚悟が必要になってくるのかもしれません。

■もし軽い気持ちなら

公認会計士は生半可な気持ちでは挑めないということを忘れてはいけない

友達が目指すと言っているから自分も受けてみようかな。なんていう考えで公認会計士を目指すのは止めておいた方がいいでしょう。人生の選択に於いて、他者に追随してしまうというのは、後々になって悪癖になってしまう可能性が大です。友達の人生は友達のもの、として自分とは切り離して考えるようにしていきましょう。

友人の方から、どうしても一緒に目指して欲しいなんて言われても、よく考えた上で返事をすることにしてください。

■自分に何ができるのか
国家資格を取る為の辛い勉強を果たして自分は乗り越えることができるのかということは把握しておかなくてはいけません。志半ばで投げ出すようでは、時間も勿体ないと思われますので、自分に覚悟があるのかどうかを考えてみましょう。

◆公認会計士になるには 受験資格と登録までの流れ

公認会計士になるには、公認会計士試験に受かった後2年間の実務経験を積み、修了考査を受けなくてはなりません。

・誰でも受験できる
学歴や年齢は関係ないので、誰でも受験できます。しかし医師や弁護士に並ぶ難関ですので、専門学校や大学で基礎を身につけて、キチンと対策したほうがよいでしょう。

・公認会計士試験に合格する

公認会計士になるには 受験資格と登録までの流れ

公認会計士になるには、マークシート方式の短答式試験と、記述式の論文式試験の2つを通過する必要があります。会計学、監査論、企業法、租税法の4科目を必ず受験し、経済学、経営学、統計学、民法の中から1科目選択して受験します。

短答式試験の合格者のみが論文式試験を受けられます。早い人でも1~2年間かかりますので、まとまった期間勉強漬けの日々を送る覚悟がいります。

・実務経験を2年以上つむ

合格後は監査法人に就職し、補助業務を行います。実際に仕事をしながら公認会計士としての実践経験を養います。合格者のほとんどが監査法人に就職するのは、実務経験を積み修了考査を受ける資格を得るためです。

・修了考査に合格する
実務経験を2年間積んだ後は、日本公認会計士協会が実施する修了考査を通過しなければなりません。合格後は晴れて公認会計士として登録できるようになります。合格率は約70%なので全員が受かるわけではありません。十分対策しておきましょう。

<誰にでも公認会計士になるチャンスがある>

受験に必要な資格がないので、学歴・年齢に縛られず誰でも試験を受けられます。ただし難易度がとても高いので、大学や予備校に行くなど十分な対策が必要です。試験通過後は監査法人で2年の実務経験を積み修了考査を受け、これに受かってやっと公認会計士として登録されるようになります。

最近の記事

カテゴリー

  1. 情報ブログ一覧

    公認会計士を目指すなら法律学部への進学を視野に入れておくべきでしょう
  2. 情報ブログ一覧

    公認会計士に必要な知識とはどういったものが必要になってくるのかを考えてみた
  3. 情報ブログ一覧

    経済学部でも公認会計士試験に活かせるので是非頑張ってみましょう!
  4. 情報ブログ一覧

    公認会計士試験はどれほどの勉強量が必要なのかを把握しておきましょう
PAGE TOP